夏に活躍する遮熱レースは冬に使うと逆効果?

600

 

 

太陽の日射しが強くなる季節では、
遮熱のご相談が多くなります。

 

夏用カーテンとして今や定番の、
遮熱レースカーテン。

 

夏の日射しをカットする機能について、
冬になると逆効果になるでしょうか?

 

冬になればむしろ太陽の陽だまりは、
ポカポカと暖房いらずで大歓迎です。

 

その日射しをカーテンが遮熱するなら、
冬は使わない方が良いのでしょうか?

 

冬になれば遮熱カーテンの機能は、
室内の暖かい空気を窓から逃がしにくい
断熱効果が期待できると言えます。

 

なので夏涼しく冬温かいという、
キャッチフレーズはウソでもないのです。

 

ただ遮熱には白いセラミックタイプと、
グレーのステンレスタイプがあります。

 

さすがに冬の季節のグレーは寒々しく、
部屋も薄暗いのでお勧めはできません

 

夏の季節だけの遮熱対策目的であれば、
ステンレスのグレーが眩しさを抑え、
涼しげな演出が可能になります。

 

引越先のカーテンとして新規購入なら、
一年間使用することを想定して、
セラミックの白タイプをお勧めします。

 

これはあくまでも一般論であり、
住環境によっても変わってきます。

 

マンション高層階にお住まいの方は、
冬でもリビングは暑くて眩しいと言われ、
グレータイプを年中使用されています。

 

暑さに加えて眩しさも大きな悩みどころで、
それを解決できるのがグレー色なのです。

 

使用される部屋の環境によって、
このように選択肢が変わりますので、
どちらのタイプが良いか迷った時は、
いつでもご相談下さい。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事