エアコンが冷えない時は室外機の遮熱対策を!

600

 

 

夏日になるとエアコンをかけても、
部屋がなかなか冷えません。

 

窓には遮熱カーテンで対策しますが、
それでも冷えない原因とは?

 

見晴らしの良い開放的な大きな窓も、
夏になれば灼熱地獄の原因になります。

 

窓から入る直射日光を遮ろうと、
あの手この手で対策を取ります。

 

室内の空気が暑くなる原因は、
直射日光が床や家具などに当たって、
それらが高熱になることで、
周囲の空気が暖められるからです。

 

このメカニズムを輻射熱と呼びますが、
遮光カーテンで日射しをカットできれば、
輻射熱による室温上昇は防げます。

 

もちろん遮光カーテン自体が暑くなり、
カーテンの輻射熱により温度上昇しますので、
遮光ではなく遮熱カーテンを使います。

 

こうして日射しはカットしているのに、
なぜか部屋が冷えないことがあります。

 

その時は一度エアコンの室外機を、
外に出てチェックしてみましょう。

 

室外機が直射日光にさらされて、
高温になっていませんか?

 

室外機から送り出される冷気が、
直射日光で温められてしまえば、
冷えないのも当然です。

 

室外機に日差しが当たらないよう、
日よけを工夫しましょう。

 

すだれを立てかけるのもよいですし、
こちらの遮熱サンシェードなら、
さらに効果的に室外機を守れます。

 

部屋が冷えない冷えないと悩む前に、
室外機の日差しの高温チェックと、
遮熱対策を忘れずに行いましょう。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事