遮光も遮熱も紫外線も?一体あなたは何を求めていますか?

600

 

 

今の世の中インターネットのお陰で、
情報は探せばいくらでも手に入ります。

 

ただその情報の真偽を確かめるには、
真の専門家が必要になります。

 

最近電話でカーテン選びの相談があると、
カーテン専門用語を間違って使っている
そんなお客様が増えていると感じます。

 

何とか自分の悩みを正しく伝えようと、
専門用語を使って私に訴えてきますが、
逆に私の方が混乱してしまうのです。

 

「西日がスゴくて部屋が暑いんです!
お勧めの遮光レースはどれですか?」

 

『遮光レースですか?
遮光は部屋を暗くする意味ですから、
ステンレスの遮熱レースでしょうか?
これなら眩しさを低減できます。』

 

「部屋が暗くなるのは困ります!
ミラーカーテンでお願いします。」

 

『ミラーレースは紫外線カットしますが、
遠赤外線のカット率は低いですよ。
プライバシー確保に優れています。』

 

「とにかく困っているんです!
何とか解決してもらえませんか?」

 

禅問答のような会話が延々と続き、
メリット・デメリットを理解しながら、
理想の解決策にたどり着きます。

 

良いも悪いも情報武装したお客様は、
自分で判断しようと必死に抵抗されます。

 

近所のカーテン専門店に出かけて、
このような相談を持ちかけると、
お店の店員は面倒なお客と判断して、
適当な接客をしてしまうようです。

 

実際に電話相談のお客様も経験され、
自社商品のこと以外は知らないのか
詳しいことは教えてもらえなかった
そう不満げに話されてました。

 

間違った情報を持ちすぎのお客様と、
経験不足や勉強不足の専門店では、
双方かみ合うはずもありません。

 

カーテン情報収集の注意点としては、
ショッピングモールでの商品情報は、
話半分程度に受け止めて下さい。

 

ページを見た瞬間あなたは洗脳され、
夢のような商品に見えています。

 

遮光も遮熱も紫外線も全部解決!
裏にあるデメリットに要注意です。

 

商品を見極める力を養うためには、
考えるカーテンのセミナー参加が、
最短の解決策になります。

 

セミナー開催情報の詳細はこちら
http://kangaeru-curtain.com/lp/1day/?kangaeru

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事