カラーコーディネートでしっくりこない時の対処法

600

 

 

インテリアの色決めで悩んだ時、
カラーコーディネートの手法を、
参考にして決めることがあります。

 

プロから提案された配色を見て、
何か違和感を感じるのは、
あなただけなのでしょうか?

 

カラーコーディネートでは、
色の持つ力がその部屋で暮らす人の、
心と体を元気にすると考えます。

 

部屋は床・壁・天井に囲まれた空間であり、
好きな色や元気になれる色の組合せが、
居心地の良さを決めていると言えます。

 

例えばオレンジ・イエロー・レッドなど、
暖色系の色は体温や気持ちを高めます。

 

反対にブルーの寒色系は心身の高揚を、
鎮めてくれる事が知られています。

 

捕色として使われるグリーンやパープルは、
中間色と言われて血圧や体温を平常にしたり、
気持ちを穏やかにする作用があります。

 

こうしたカラーの特徴を理解した上で、
カーテンの色選びに活用します。

 

それはどの方角にあるお部屋になるか、
リビング・寝室・子供部屋など、
どういった用途の部屋になるのか、
総合的な判断で色を決めていきます。

 

部屋で過ごす時どんな気持ちでいたいか、
家族で話し合って見るのも良いでしょう。

 

色には心理的・生理的効果があるので、
部屋の用途に合わせて決めていきます

 

このテクニックでインテリアのプロは、
コーディネート提案を考えるわけですが、
実際に提案を受けてしっくりこない、
そう感じることもあります。

 

どんなに最適な色であったとしても、
生理的に受け入れられない色があります。

 

なぜその色はダメなのですかと聞かれても、
よくわからない答えられないものです。

 

その時は四柱推命を使って鑑定すると、
なぜその色を受け付けないのか、
あるいはなぜこの色が大好きなのか、
数値で解明することができます。

 

風水や四柱推命は色を五つの要素に分けて、
部屋と人のバランス調整に必要なものを、
解明していく科学になります。

 

もしプロのカラー配色の提案を受けて、
どうしても受け入れられない時は、
四柱推命で原因を探ると良いでしょう。

 

考えるカーテンでは四柱推命による、
インテリア配色提案も承ります。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事