冬の結露対策は窓をカーテンで密閉して解決

600

 

 

冬になると部屋が寒くて凍えそうと、
マンションにお住まいの方から、
相談が増えてきます。

 

特に窓辺は常に冷たい外気にさらされ、
室内の暖房熱も半分以上逃げていき、
窓辺の対策がとても重要です。

 

その寒さ対策に加えて結露問題も、
非常に悩ましい問題です。

 

昔の立て付けが悪い木造住宅では、
結露で窓がビショビショなんて、
悩みはありませんでした。

 

どこからともなく入ってくる隙間風が、
ほどよく室内の湿度調整をしてくれて、
窓ガラスは曇ることがあっても、
水浸しになることはありませんでした。

 

高気密な住宅やマンションになり、
快適に過ごせる環境になった反面、
行き場のない水蒸気は窓で冷やされ、
結露という現象を引き起こします。

 

室内の空気が乾燥するとのどを痛め、
風邪を引きやすくなりますので、
加湿器を使うことも多いでしょう。

 

過剰な湿度が結露の原因とわかっても、
使わなければ別の問題が発生します。

 

寝室では就寝時に暖房を切りますが、
人の呼吸によって放出される湿気は、
室内に充満することになります。

 

対策としては窓ガラスが冷えないよう、
ビニールのプチプチを貼ったりして、
結露防止をする方も多いと聞きます。

 

ただその方法も環境によっては、
まだ結露する方もおられるようで、
完璧な解決方法ではないようです。

 

そもそもガラスにプチプチ貼ると、
見た目に野暮ったいし外が見えません。

 

やはりカーテンで何か対策できると、
相乗効果も期待できそうです。

 

カーテンも薄手よりも厚手がよく、
厚手にするためにライナーを追加して、
間に空気層を作って断熱を狙います。

 

新調するなら起毛した厚手の生地や、
遮光カーテンに裏地をつけるなど、
効果的な方法もあります。

 

ただカーテンと壁の間に隙間があれば、
水分を含んだ空気がガラスに侵入し、
結局は結露を生んでしまいます。

 

左右の隙間を防ぐリターン仕様で制作し、
カーテンレールの隙間もボックスタイプや、
カバーで覆って密閉する工夫をします。

 

窓をカーテンで隙間なく覆うこと、
これが最も有効な対策法でしょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事