夏涼しく冬暖かいというコピーに隠された現実

600

 

 

お宅のガラスに貼るフィルムは、
鉄線入りガラスでも大丈夫ですか?
というご質問がありました。

 

その商品は夏の日射し対策ですが、
その方は冬の断熱目的でした。

 

夏は日射しの熱をなんかしたい!
冬は部屋が寒いのでなんとかしたい!
どちらも窓に対する要望です。

 

夏は「遮熱」という機能を求め、
冬は「断熱」という性能を期待します。

 

商品メーカーが使うキャッチコピーに、
「夏涼しく、冬暖かい」があります。

 

夏の日射しを反射して部屋は涼しく
冬は室内の暖房熱が窓から逃げにくいので、
冬は暖かいですよという理屈です。

 

夏の性能は問題ないとしても、
冬の性能は無理があるのではと思います

 

冬は日当たりの良いお宅なら、
太陽光は部屋を暖かくしてくれて、
大歓迎の存在になります。

 

その日射しを夏と同様カットしたら、
部屋が寒くなってしまいます

 

その点には一切触れなていませんが、
個別に回答しているのでしょうか。

 

カーテンには冬の太陽熱を取り込み、
遠赤外線に変換して室内へ放出する、
保温カーテンが人気です。

 

雨や雪の日は室内の暖房熱を蓄熱し、
冷たいガラスで冷やされにくくします。

 

もちろんこのカーテンは冬限定使用で、
夏に使ったら逆効果になります。

 

ガラスフィルムは貼ったら最後、
一年中貼りっぱなしになりますので、
冬はせっかくの太陽熱がカットされ、
部屋は寒いということになります。

 

カーテンは季節で取り替えできますので、
夏は遮熱を目的としたレースを使い
冬になれば保温レースに取り替える
それがベストな方法でしょう。

 

北側の部屋で夏は暑さの問題なければ、
冬用レースと厚手カーテンの二重で、
断熱と保温の対策を取りましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事