インテリア業界におけるカーテン・マンの役割

 

600

 

 

突如現れた、カーテン・マン!

 

し、篠田さん、どうされたの?
とビックリされた方もおられます。

 

良い機会なのでカーテンマンに、
その真意を聞いてみましょう

 

今では街のあちこちで見かける、
リラクゼーションサービス。

 

それだけ現代人はストレスを抱え、
心身共にケアを求めています。

 

そのストレスは会社や学校などの様々な、
外部による社会環境から来るものと、
我が家で過ごす時に受けるストレスです。

 

外的ストレスは相手があることなので、
個人で環境を変える事は難しいですが、
我が家は家族の協力で実現が可能です。

 

考えるカーテンが常々考えるのは、
ストレスの原因になる根本的な問題を、
早期に見つけ改善しないことには、
ストレス症状は一向に減らない、
ということです。

 

では我が家の中にどのようなストレスがあり、
それをどのように見つけて対処するのか?
目に見えないだけに難しそうです。

 

ストレスと感じるのは人間の脳であり、
それは個人差がありとてもこうだ!と、
特定することはできません。

 

そこを容易に見つけることができ、
対処法もしっかり体系化されている、
それが風水でした。

 

ストレスをできる限る受けないためは、
まず最適な相性を持つ家を手に入れること

 

悪い影響を受けないようにお札や塩を使い、
邪気払いに一生懸命で終わってしまう家と、
最小限の邪気払いと運気アップに専念できる家
どちらを手にするかは明白ですよね。

 

風水に興味がなくてもこのメカニズムだけは、
お守りと思って素直に実践してほしいのです。

 

この風水活用が広く家庭に浸透していくと、
悪い住環境でストレスをためて困る人が、
徐々に減っていくはずなんです。

 

そこに早く気がついてほしくて、
カーテンマンという活動を始めたのです。

 

こんな格好をして恥ずかしくないか?
笑われてもいいと、覚悟しました。

 

それであなたが風水の素晴らしさに触れ、
家族が健康で幸せになれるのであれば、
私はいつでもピエロになります。

 

ぜひこの機会に本物の風水に出会って
より良い社会を一緒に作っていきましょう。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事