断熱カーテンは結露を促進ってウソ・ホント?

600

 

 

冬が近くなると憂鬱になるのが、
窓ガラスの大量な結露です。

 

レースカーテンはいつもビショビショ、
乾く間もなくカビが生えてきた!
こうなってはもう最悪ですね。

 

カーテンも高機能製品が多く開発され、
四季に合わせて使い分けることで、
生活しやすくなりました。

 

まだこれだ!とい解決策がないものに、
窓ガラスの結露問題があります。

 

結露発生のメカニズムは空気中の水蒸気、
空気に含む分量を超えると結露します。

 

飽和水蒸気量と呼びますがその限界は、
気温あるいは室温と関係してきます。

 

気温が低いと空気中に含む事が可能な、
水分量はどんどん減っていきます。

 

この飽和水蒸気量を超えてしまうと、
余った水蒸気は水滴となり結露します。

 

室内は人が生活していると室温は高く、
加湿器や人が吐く息に含まれる水蒸気が、
空気に含まれて浮遊しています。

 

その大量に水蒸気を含んだ空気が、
冷たいガラスに当たって冷やされ、
飽和点を超えた水蒸気が水滴になります。

 

そこで結露を防ぐことに有効なのが、
断熱性の高いカーテンです。

 

暖かい空気を窓ガラスに当てないことで、
結露を防ぐという仕組みです。

 

ところが断熱カーテンを使ったら、
もっと結露がひどくなった!
という話もあるようです。

 

断熱カーテンによって暖かい空気は、
冷たい窓ガラスに触れていないのに、
どうして結露がさらに増えるのでしょう?

 

結露が増える原因は環境にもよりますが、
犯人は周囲の隙間と思われます。

 

カーテンの断熱性を上げたことにより、
室内側と窓側の室温差が大きくなったこと。

 

そこへカーテンの両サイドの隙間、
カーテンレールの隙間から空気が侵入し、
結露が増長したと推測します。

 

この問題解決はカーテンで行うことができ、
カーテンの両端は折り返し縫製で対処
上部の隙間はカーテンカバーで塞ぎます

 

つまり断熱性の高い生地を使って隙間なく、
窓を密閉してしまうのが一番です。

 

毎年結露で悩んでおられる方は、
ぜひ一度この方法をお試しください。

 

カーテンカバーはこちら
http://www.curtainshop.co.jp/gaia/

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事