ホームシアターで大人気のシェードカーテン

600

 

 

昼間部屋を真っ暗にしたい理由に、
夜勤明けでぐっすり眠りたい方や、
ホームシアターがあります。

 

カーテンは光漏れ対策に苦労しますが、
遮光ウォールフィッターでしたら、
簡単設置で光漏れをかなり防げます。

 

カーテンをパタパタと上下にたたむ、
シェードカーテンはご存じでしょう。

 

ウォールフィッターというシェード、
知る人ぞ知る超マニアックな商品です。

 

同じシェードでも壁にフィットして、
光漏れや冷気遮断などに優れて、
ホームシアターや寝室に最適な、
高性能シェードになります。

 

一般的なシェードは壁に設置しても、
カーテン生地と壁との間には、
4cmの隙間が生じます

 

カーテンに比べると壁に未着して、
見た目スッキリ収まるので、
モダンな印象が大人気です。

 

しかし昼間に就寝される方や、
ホームシアターを楽しむ方には、
その4cmから漏れてくる光や冷気
これが深刻な問題になります。

 

シェードを窓枠の中に納めても、
左右5ミリと下の1cmの隙間から、
やはり光が漏れてしまいます

 

その問題を見事に解決するのが、
ウォールフィッターという、
高性能なシェードになります。

 

裏面に特殊な裏地を貼り合わせ、
超音波カットで限り無く薄く仕上げ、
壁との隙間は2~3ミリです。

 

その結果周囲からの光漏れは、
限り無くゼロに近くなりました

 

さらに冬場の冷気遮断にも有効で、
窓の横にベッドがあっても、
スースーして寒いと言う悩みも、
見事に解決してくれます。

 

部屋をスッキリ見せたい方で、
部屋を暗くすることができる、
ウォールフィッターのお求めは、
考えるカーテンにご相談下さい。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事