ドラマのような朝を迎えるフロントシアーシェード

 

カーテンコーディネート事例特集、
本日はフロントシアーです。

 

フロントシアーって、何?

 

シアーは透けるデザインレースの総称で、
2重カーテンの手前に使うという意味です。

一般的にはレースカーテンはガラス側、
夜用のカーテンは部屋側に使用します。

 

それぞれ逆の位置に掛けて使うのが、
フロントレーススタイルです。

 

使用するレースはスケスケの生地に、
プリントでデザインを描いたもので、
その奥に無地のカーテンを使います。

 

透けるレースを部屋側に使うことで、
夜になってもレースのデザインが、
浮き出て楽しめるというものです。

 

一般的には白いデザインレースが多く、
後ろに使うカーテンは濃い色を使います。

 

今回紹介するコーディネート事例は、
おおらかで温もりのある植物デザインで、
後ろのカーテンは白のシャンタンです。

 

U-4026+U4152

243-600-1

 

243-600-2

 

ふつう純白のカーテンは使いづらいですが、
グリーンのシアーを持ってくることで、
見事な調和を引き出しています。

 

ダブルプレーンシェードのスタイルで、
リビングの大きな窓と腰高窓を、
バランス良くコーディネートされてます。

 

白いカーテンなので閉めていても、
朝日がほどよくまろやかな光になり、
ドラマのワンシーンに出てきそうな、
リビングの完成です。

 

テラコッタの床材と塗り壁の調和は、
白いカーテンとほどよくマッチして、
フレンチカントリーぽくていいですね。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事