時代を感じさせないシノワズリーインテリア

 

シノワズリーになぜか親しみを覚える、
篠田ですが(シノが入ってるため)、
語源はフランス語になるそうです。

 

シノワズリーとは「中国趣味」の意味で、
昔ヨーロッパの人々がシルクロードから
伝わった東洋の美しい磁器に魅了され、、
富裕層を中心に好まれました

 

 

その磁器に藍と白を使ったデザインが多く
インテリアにも多く取り入れられています。

 

今回紹介するカーテンコーディネートは、
コバルトブルーのシアーレースと、
アイボリーのシャンタンドレープの、
磁器を思わせる組合せです。

 

U-4034+U-4153

600

 

244-600-2

 

244-600-3

 

スカッとした透明感のあるレースに、
まるでカットガラスのようなデザインを、
藍色のラッカーで表現しています。

 

大柄なデザインはオリエンタル風で、
シノワズリーイメージにピッタリです。

 

部屋のコーディネートを風水で見ると、
とても興味深い仮説が立てられます。

 

壁紙とカーテンの白・アイボリーは金、
藍色は水、そして床は木になります。

 

宇宙の万物を構成する五行エレメントで、
互いに成長させる好循環が成り立ってます。

 

白いカーテンは藍のレースを引き立て、
水は床の木を育てるという循環です。

 

そしてテーブルにある植物のグリーンが、
活き活きと育つストーリーの完成です。

 

いかがですか、風水って面白いですね。

 

私たちのカラダも五行で構成され、
感情にもリンクされていることから、
自然に受け入れることができます。

 

こうした宇宙の原理原則を知っておくと、
住環境だけでなく仕事や交際面でも、
色々活用できるのでお勧めです。

 

もっと風水のこと知りたくなったら、
風水魔法学校で学びましょう

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事