つくり手の温もりを感じるアンサンブルレース

 

カーテンは窓からの日射しを遮ったり、
外からの視線を遮る役目があります。

 

そういった悩みがなければいらない?
と決めつけてしまうのは、
ちょっと待っていただけますか!

 

カーテンには布の持つ素材感や、
色やデザインから伝わる温もりを、
ぜひ肌で感じてください。

 

ちょっとした生地のアンサンブルで、
窓辺の表情がガラリと変わります。

 

600-1

 

257-600-3

 

素材感がとてもナチュラルなボイルに、
色違いの生地でボトムにアクセント

 

窓が床から30cmぐらい上にあり、
その床との壁面をブルーの生地で、
カバーリングしてしまう発想です

 

窓辺はフレンチな雰囲気なのに、
ラグやソファなどのアイテムは、
オリエンタル素材でミックス。

 

このミスマッチ感が新鮮な感覚で、
これから流行りそうな予感です。

 

レースカーテンも一手間掛けると、
こんなにも印象がガラリと変わり、
ずっと部屋で過ごしたくなる、
そんな気分にさせてくれます。

 

600-2

 

レースの素材感を活かしながらも、
女性らしさを表現したいときは、
レースバランスをトッピング

 

アクセントポイントが上にあるので、
カーテンレールにも気配りが必要

 

安っぽい機能性レールで済ませず、
エレガントな雰囲気に似合う、
ホワイトの装飾レールでまとめます。

 

アクセントをボトムに付けたときは、
床のラグやカーペットに気を配り、
視線の先のコーディネートを、
考えましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事