好きなことを愉しむカーテンの選び方

 

リビングとダイニングのカーテンは、
あなたなら同じ生地を選びますか、
それとも別々に選びますか?

 

とくに決まったルールはありませんが、
カーテンのデザインやスタイルを、
工夫することで調和を持たせた、
好事例を紹介します。

 

最近は塩系とか男前インテリアなど、
さっぱりテイストが大人気です。

 

憧れているのは女性の方が中心で、
ナチュラルテイストも含まれます。

 

ナチュラルテイストも大人気ですが、
内装から家具まですべて揃えると、
落ち着きすぎて刺激がありません。

 

そこに違ったテイストを足してみると、
新鮮なインテリアに変わります

 

600-1

 

262-300-3

 

ナチュラル素材の布製ソファーに、
アイボリーのシャギーカーペット。

 

壁紙もサッシも白で統一した空間に、
若々しい印象のストライプシェード

 

普通はナチュラルにまとめるところを、
イエローとブルーのストライプとは、

遊び心がいっぱいの空間になりました。

 

しかも横開きのカーテンではなく、
ダブルシェードにして四角形の、
直線でエッジを効かせています。

 

イエローとブルーがポイントですので、
クッションやチェアにも使っています。

 

ベージュ一色のナチュラル空間とは違い、
若々しさも取り入れることで、
ずいぶん印象が変わりましたね。

 

さらにリビング横のダイニングの窓は、
レースを象さんプリントのものにして、
食事の時間を子供たちと楽しく過ごす
そんなく工夫はいかがでしょう?

 

600-2

 

262-300-4

 

リビングは無地で団欒を楽しむため、
レースは無地でコーディネート。

 

そしてダイニングは空間演出のため、
レースを愉快な象さんプリントを採用

 

リビングダイニングの大きな空間を、
イメージを損なうことなく変化を付け、
空間を愉しむコーディネートです。

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事