レトロ感のあるデザインが秀逸なアジアンカーテン

 

部屋をアジアンテイストにするなら、
カーテンの色と柄を意識するだけで、
簡単に空間演出ができます。

 

アジアン家具は高いと断念する前に、
オリエンタルカーテンと雑貨で、
手軽な演出を始めて見ませんか。

 

バリのリゾートをイメージするような、
アジアンテイストのインテリアは、
今でも人気が衰えることもなく、
定番のスタイルになりました。

 

本格的なアジアン家具は高価で、
なかなか気軽に楽しめませんが、
雑貨など小物なら安心です。

 

カーテンはナチュラルテイストの、
ざっくりした濃いめの無地が、
コーディネートしやすく定番でした。

 

濃いブラウンやオレンジを選ぶだけで、
もうアジアンテイストの完成です。

 

ただ無地の配色だけでは飽きやすく、
バリの華やかさも取り入れるなら、
色とデザインが重要になります。

 

 

600-1

 

264-600-3

 

ボリューム感たっぷりのレトロな花々に、
小鳥とテントウムシがアクセントの、
オリエンタルデザインが秀逸です。

 

264-600-4

 

濃紺をベースに赤い花のパターンと、
ベージュに赤い花パターンも捨てがたく、
クッションでコーディネートも、
アジアンテイストを深めます。

 

窓辺をアジアンテイストで染めたら、
自然素材の小物を揃えましょう。

 

大きな葉のオーガスタやヤシなど、
観葉植物も重要なアイテムです。

 

鉢やカバーはプラスチックではなく、
素焼きの壺や籐カゴにします。

 

また食器やテーブルクロスの布も、
アジアンチックな柄で揃えます。

 

ポイントは手作り感があるもので、
精巧な工業製品は似合いません

 

照明もオレンジ色の灯りを基本に、
籐などを使ったものがお勧めです。

 

600-2

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事