贅沢な時間を過ごすラグジュアリーなカーテン

 

リビングは家族が集う場所ながら、
友達ゲストを招いておもてなしする、
くつろぎと華やかさが必要な、
大切な空間になります。

 

ラグジュアリーなリビングなら、
上質なファブリックを使って、
ワンランク上の心地よさを求め、
演出してみましょう。

 

ラグジュアリーはクラシックと違い、
重厚感は必要ありません

 

部屋の配色にも十分に気を配り、
上質な空気感を演出します。

 

特にカーテン選びで重要なのは、
織物としての存在感を重視します。

 

600-1

 

265-600-3

 

緻密な葉柄の織り組織にラメ糸を使った、
大人のエレガンスを追求しています。

 

さりげない葉柄の無地調デザインは、
コーディネートの幅が広がり、
とても使いやすいカーテンです。

 

600-2

 

265-600-4

 

265-600-5

 

こちらはドレープと同じ葉柄デザインで、
ラメ糸を使った刺繍レースになります。

 

大人のラグジュアリーな空間は、
昼の窓辺演出もとても重要なのです。

 

陽光を取り入れながら窓辺を演出、
それは無表情な安価なレースよりも、
上質な刺繍レースが似合います

 

上品なカラーとラメの光沢感が、
モダンの中にエレガントを香らせ、
照明や家具と調和しています。

 

大人の上質な空間を目指すなら、
ファッショナブルカーテン特集を、
ぜひ参考にしてみて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/biz/fashionable.html

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事