後悔しないフラットカーテンの選び方

600

 

 

ヒダを取らないカーテンのことを、
フラットカーテンと呼びます。

 

フラットという名称から想像して、
カーテンはタペストリーのように、
平面のカーテンをイメージされます。

 

実際にはそうならないため、
初めての方はビックリされます。

 

カーテンはヒダをたっぷり取って、
美しいウェーブを楽しむのも、
ひとつの魅力になります。

 

ワイドサッシなど横に大きい窓は、
ヒダのあるカーテンは寄せた時に、
場所を取って出入りの邪魔になったり、
見栄えが悪いときがあります。

 

そのようなときに重宝するのが、
このフラットカーテンです。

 

窓の横幅に1.3倍の生地を使うので、
寄せた時の束ね幅が少なくて済み、
スッキリとした感じが好評です。

 

この1.3倍という倍率ですが、
30%の余裕があることから、
どこかで浅いウェーブが発生します。

 

このウェーブが出るイメージが、
フラットの印象から外れるため、
クレームになる事があります

 

上下にカーテンを折りたたむ、
プレーンシェードなら、
イメージどおりの平面になります。

 

フラットカーテンは上部が平坦で、
生地を垂らせば下に行くほど、
丸くウェーブが出るものです。

 

風呂敷などの布を上部でつかんで、
横にピンと張って見ていただくと、
状況がイメージしやすいです。

 

下の方の生地は内側にカールするように、
カーテンも軽くウェーブが出ます。

 

上部は10%ほどの余裕を付けないと、
カーテンを使い込むうちに癖がつき、
中央でカーテンが閉めにくくなります。

 

こういった事情がありますので、
フラットカーテンにはどうしても、
浅いウェーブが出ると考えてください。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事