カーテンでできる正しい結露対策はご存じですか?

600

 

 

壁が厚いと窓枠の奥行きも広く、
その中にカーテンを納めると、
窓辺がスッキリします。

 

 

でもガラスにカーテンが近いと、
結露したとき困りませんか?
とご質問をいただきました。

 

窓ガラスの結露のメカニズムは、
暖かい水蒸気を含んだ部屋の空気が、
冷たい窓ガラスに接して冷やされ、

 

飽和水蒸気量を超えた余分な水蒸気が、
水に変わってガラスに付着します。

 

冬は結露でレースがビショビショ、
そしてカビが生えてしまって最悪!
とお困りの方が多くなります。

 

このカビやダニの発生によって、
カビの胞子やダニの死骸やフンが、
空気中に飛散してぜんそくなどの、
アレルギー症状を引き起こします。

 

人の健康に影響する結露問題は、
発生したら放置することなく、
しっかり対策を取りましょう。

 

室内の結露を防ぐポイントは、
何と言っても原因となる、
水蒸気を出さないこと。

 

しかしストーブや炊事やお風呂、
人の身体からも出ているので、
水蒸気を無くすことはできません

 

そこで定期的に空気を入れ換える、
窓を開けての換気が有効です。

 

結露を防ぐカーテンはありませんが、
水蒸気を含む暖かい空気を、
窓で冷やさない工夫はできます。

 

例えば断熱レースや蓄熱保温レース、
そして完全遮光カーテンを使って、
上下左右の隙間を防ぐのが有効です。

 

部屋全体を冷やさないためには、
大がかりなリフォームが必要で、
費用もかかり大変です。

 

カーテンも一年中同じものを使わず、
冬は冬用のカーテンを準備して、
暖かく健康で快適に過ごせるよう、
活用してはいかでしょう。

 

カーテンでできる冬の防寒対策は、
特集ページが参考になります
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/200

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事