カーテンの開きのタイプにシンプルな鉄則あり!

600

 

 

窓にカーテンを掛けるとき、
2枚に分ける両開きと、
1枚の片開きがあります。

 

開きのタイプは何を基準に考えて、
決めるのかご存じですか?

 

既製カーテンなどは2枚セットで売られ、
普通に両開きスタイルになります。

 

ということはカーテンは何が何でも、
両開きでないといけないの?

 

そんなことはありません、
ケースバイケースです。

 

2枚に分けるか1枚にしておくか、
次の2つの観点で決めましょう。

 

1)バランスが良いか、悪いか。

 

カーテンを左右二枚に分けるのは、
見た目のバランスの良さです。

 

夜用のカーテンは昼間寄せておくので、
片開きにすると重心が偏って見えて、
見た目とても居心地が悪いのです。

 

寄せて束ねることがないレースは、
2枚に分ける必要はありません

 

1枚仕立ての方が中央で切れ目がなく、
連続したウェーブが形成されて、
見た目が美しくなります。

 

2)出入りや風通しはどちら側?

 

窓の開け閉めは左右どちらにするか、
片方の窓に決めてしまえば、
片開きで問題ありません

 

ただを片方どちらか固定すると、
出入りや風の取り入れするのは、
左右どちらかに決まります。

 

もし左右どちらも出入りしたいときは、
両サイドを固定せずフリーにすると、
自由に出入りができます。

 

この2点を考えても決めかねるのは、
マンションにあるワイドな窓です。

 

左右2枚では両サイドの束ねが大きく、
見た目が野暮ったくなったり、
出入りの場所で邪魔になったり。

 

レースなら1枚でも問題なさそうで、
実は取り外して洗濯するときに、
重くて大変だったりします。

 

このように開きのタイプの選択も、
窓の形状や利用スタイルを考えて、
慎重に決めましょう

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事