窓の内側を賢く使うカーテンの設置スタイル

600

 

 

人気の高断熱住宅は壁の厚みが大きく、
窓枠の奥行きスペースを有効利用して、
レースを設置することがあります。

 

冬になって窓ガラスに結露が発生し、
カーテンがびしょびしょに。

 

結露の原因は、カーテンでしょうか?

 

カーテンの収まり方を考えるとき、
できる限り部屋を圧迫しないように、
スマートな設置方法を考えます。

 

壁の厚みが15cmもあるお宅なら、
迷わずそのスペースを活用します。

 

レースをカーテンやシェードにしたり、
ブラインドやロールスクリーンなど、
日光調整やプライバシーに使います。

 

壁にカーテンレール1本取り付けて、
夜用のドレープカーテンをかければ、
窓辺をスッキリさせることができます。

 

もしお宅の壁の厚みが同じ条件であれば、
ぜひ活用していただきたいと思います。

 

ただ冬になって窓に結露が発生すると
カーテンは濡れてしまうかもしれません。

 

窓の内側にカーテンを入れたから、
結露が発生したと疑われますが、
実はそうではありません

 

カーテンを外に取り付けたとしても、
やはり結露は発生したことでしょう。

 

その部屋の空気中に含まれる水分が、
飽和水蒸気と言って限界を超えたため、
冷たいガラスに冷やされて結露します。

 

問題解決には空気中の水分を減らし、
窓ガラスを冷やさないことです。

 

例えば定期的に室内の換気を行い、
カーテンを少し開けてあげること

 

雨戸やシャッターがあれば面倒がらず、
冬場は活用してガラスを冷やさない、
これで結露を防ぐことができます。

 

この結露は冬場だけの問題ですから、
窓の奥行きがあればぜひ有効利用して、
カーテンの設置を検討しましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事