ライフスタイルとインテリアテイストの組合せがポイントです

600

 

 

新居のインテリアはカーテンだけでなく、
家具や照明なども含めて検討します。

 

それぞれ単独で買い物に行ってしまうと、
それらが部屋に納まったときにあれ?
と違和感を覚えて失敗に気がつきます。

 

あれだけお店で吟味して選んだのに、
しっくりこないのはなぜでしょう?

 

住み始めて違和感が生じる原因は、
家族や自己の分析不足です。

 

お部屋のインテリアを計画する上で、
ご自身や家族のライフスタイルと、
インテリアテイストを知っておくこと、
それがとても重要になります。

 

家族と事前に話し合っておくことで、
ライフスタイルとテイストがマッチした、
最適な商品選びがスムーズになります。

 

ライフスタイルとは家族がそれぞれ、
どのような暮らし方をしているか、
観察してみるといいですね。

 

平日と休日の過ごし方が違えば、
昼と夜の過ごし方にもパターンがあり、
ご主人奥様子供たちとそれぞれに、
特徴があるはずです。

 

例えばご主人の休日の過ごし方は、
ほとんどリビングが中心になるので、
リラックスできるソファやテレビボード、
足元には暖かいラグが欲しいわね、
といった感じです。

 

その暮らし方に必要なインテリアは何か、
形や色や機能が浮かび上がってきますので、
家族とコミュニケーションをとって
明確にしていきます。

 

それらをリビングや寝室や子供部屋など、
部屋ごとに書き出していきましょう。

 

暮らしに必要なインテリアが見えてきたら、
次はデザインテイストを考えます。

 

大きく分けてシンプルかデコラティブか、
モダンなのかクラシックなのか。

 

シンプルモダンとシンプルクラシック、
デコ・モダンとデコ・クラシック。

 

ライフスタイルから絞り込んだものに、
このテイストを加えてみましょう。

 

こうして各お部屋に最適なインテリアが、
はっきり見えてきましたね。

 

家族の共通認識を持ってお店に出かけ、
プロのアドバイスを交えて検討すると、
家具・照明・カーテンと揃えたとき、
見事に調和することでしょう。

 

ライフスタイルとテイストの検討、
ぜひ活用してみてください。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事