高遮熱高断熱カーテンの裏に隠された秘密を暴露?

600

 

 

夏の暑さ対策で買ったカーテンのまま、
冬になったら部屋が寒いと感じます。

 

「夏は涼しく、冬は暖かい!」

良く目にするこのキャッチコーピーは、
まんざらウソではありませんが、
重要なメッセージが抜けています。

 

キャッチコピーを鵜呑みにすると、
このカーテンひとつで夏も冬も、
省エネで快適に過ごせます!
そう思い込んでしまいます。

 

夏の暑さにもう耐えられないと、
ネットで購入した高性能な遮熱レース。

 

今では市場にたくさん商品があふれ、
いかに自社製品が優れているのか、
誇大な表現が一人歩きしています。

 

遮熱レースは太陽熱をカットするので、
夏は室内の温度上昇を抑えてくれます。

 

カーテンを使い続けて冬になっても、
太陽の日射しをカットし続けています。

 

でも考えてみれば冬の太陽熱は大歓迎!
暖房不要なぐらい部屋は暖まります。

 

それなのに貴重な太陽熱を遮っていては、
部屋が寒いのも当然の話です。

 

「冬暖かい」って聞いたから買ったのに、
ウソだったの?と後悔します。

 

部屋の暖房熱が窓から逃げにくいので、
冬暖かいというのが真相です。

 

遮熱レースを冬でも使っているなら、
いますぐ普通のレースに取り替えて
太陽熱を部屋に取り入れましょう。

 

夏と冬でカーテンを取り替える、
それが賢い機能カーテンの使い方です。

 

冬は冬でポカポカ太陽熱を蓄熱して、
室内に遠赤外線として放出する、
蓄熱保温レースカーテンがあります。

 

このカーテンをそのまま夏に使うと、
今度は部屋の温度が上昇してしまいます。

 

機能性カーテンは特性をよく理解して、
持てる力を最大限に発揮できる季節に、
付け替えるよう活用しましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事