緑のカーテンはエコロジー?メリットとデメリットについて

600

 

 

夏の日射し対策で人気の『緑のカーテン』
企業や学校などで盛んに活用されます。

 

そのメリット・デメリットについて、
今日は考えてみましょう。

 

建物の外側で植物を育成させて、
日射熱による室内温度上昇を抑制する、
とてもエコロジーな手法です。

 

使われる植物はツル科のゴーヤやヘチマ、
朝顔などをネットに巻き付かせて成育し、
日除けの役割をさせるものです。

 

植物が地面から吸い上げた水分を、
葉っぱから蒸発させることで、
周囲の熱を奪い周辺の温度を下げます。

 

シーズンになるとホームセンターに並ぶ、
よしずは日除けとしてポピュラーですが、
よしずが熱26%カットに対して、
緑のカーテンは熱を60%カットします。

 

実際に都内のある中学校が実測したところ、
教室内の温度変化が1.7度低かった
と言う報告が出ています。

 

エアコンの設定を1度下げることで、
1時間当たりの節約は74円程度、
1日に10時間使用したとして、
1ヶ月間に2万円以上節約という、
驚異的な効果が試算で出ています。

 

省エネ効果は間違いないようですし、
育てる楽しみや収穫して食べる楽しみも、
人気の一つと言えそうです。

 

小さなお子様がいるご家庭でしたら、
成育の観察日記を親子で付けるなど
コミュニケーションによる教育にも、
大いに役立つことでしょう。

 

魅力的なメリットを持つ緑のカーテンも、
やはりデメリットがあります。

 

植物も生き物ですから天候不順など、
予定どおりの育ってくれないこともあり、
シーズンに役立たないこともあります。

 

また毎日しっかり水やりをしないと、
気化熱による涼風効果が得られず、
育てる期間と手間とコストを考えると、
よしずの方が良いこともあります。

 

また台風の時は強風で飛ばされないよう、
しっかり補強をしないといけません。

 

シーズンが終わり枯れたときの後始末
結構それが大変だと言われます。

 

そこで手軽に緑のカーテンを楽しむなら、
フェイクタイプはいかがでしょうか。

 

ネット付きのプリントリーフがリアルな、
しかもカーテンのように開け閉めできる、
買ったその日から『緑のカーテン』

 

マンションに使用しても外観を損ねず、
水やりの手間も一切不要です。

 

買ったその日から緑のカーテン
↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/green-curtain?kangaeru

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事