あきらめる必要はありません!シェードで部屋を真っ暗にする方法。

600

 

 

シェードで寝室を真っ暗にできますか?
とご質問をいただきました。

 

窓には雨戸が付いていないため、
それに代わるものをお探しです。

 

光の侵入って本当に厄介なもので、
ほんのわずかな隙間を見つけては、
スーッと部屋の中に侵入します。

 

どんなに高性能な遮光カーテンでも、
窓の周囲には隙間がいっぱいあるので、
そこをしっかり塞いであげない限り、
部屋は真っ暗になりません

 

その隙間からの光漏れを考えたのが、
快眠遮光カーテンです。
↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/gaia/?kanageru

 

実際に取付け実験を行いましたが、
結果的に隙間ゼロにはならないため、
わずかな光漏れがあります。

 

カーテンの縁を壁面に両面テープなど、
密着して固定できれば解決できます。

 

シェードは壁との距離も短いことから、
光漏れは少ないと思われるでしょうが、
実際には大きく光漏れします。

 

そのシェードと壁面の隙間を埋める、
画期的な商品がウォールフィッターです。
↓↓↓↓↓↓
http://goo.gl/uo8o0R

 

窓の中にシェードを取り付けるもので、
カーテンはほぼ壁面に密着します。

 

これで冬場の冷気侵入を防ぎますが、
遮光カーテンなら光漏れも最大限に、
防ぐことができます。

ドライアイスを使った冷気実験

 

生地と壁とのが隙間は数ミリですが、
両端は生地を折り曲げて縫ってあり、
どうしても波打つ状態です。

 

その隙間でさえ極限に解消できないか、
研究に研究を重ねて進化したのが、
ハイパーウォールフィッターです。

 

ミシンは一切使わない超音波制作で、
生地は限り無く平面に近くなっています。

 

極限にまで光漏れを抑えるシェードは、
こちらの動画でチェックできます。

 

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事