知らなかった!高気密高断熱のカーテンのウソ・ホント。

600

 

 

新居のカーテンを買おうと探していると、
高機能商品のポップが目に飛び込んできて、
これを買っておいた方が良いのかなと、
その気にさせられてしまいます。

 

高気密高断熱のカーテンを買ったのに、
夏はいいけれど冬は寒くて困ってます!
と奥様から相談をいただきました。

 

家を建てるときでも高気密高断熱とか、
外断熱などの機能性が気になります。

 

省エネに関心が高い奥様ですから、
カーテン選びでも機能性に目が行き、
つい後先考えず買ってしまいます

 

奥様が購入されたのは断熱カーテン、
遮熱カーテンという機能が付いた、
ドレープとレースの両方です。

 

夏はカーテンのお陰で快適だったのに、
冬になったらお日様の暖かい光が入らず、
部屋が寒いとお困りでした。

 

窓から入ったり出たりするものは、
熱以外に光もあれば視線もあります。

 

断熱・遮熱商品のキャッチコピーに、
「夏涼しくて、冬暖かい」があります。

 

冬は寒くなってしまったその原因は、
ポカポカ太陽熱まで遮熱してしまった
そういう理由からなのです。

 

「冬暖かい」という表現については、
部屋の暖房熱が窓から逃げにくいため、
部屋は暖かいですよという意味です。

 

雨の日や夜なら部屋の暖房をしますが、
晴天の日なら部屋に日射しが入れば、
暖房を付けなくても暖かいものです。

 

遮熱レースが太陽熱をカットするので、
冬は暖かいどころか寒くなります

 

ここが高機能商品を採用する時の注意点で、
本来夏と冬でカーテンを使い分けるのが、
正しい使い方と言えるのです。

 

暑さと寒さの対策でそれぞれ一つと、
普段用に一つで合計3タイプを持つと、
一年中快適に過ごすことができます。

 

実際には費用や収納スペースを考えると、
安易に実行できるものではありませんが、
省エネの観点から費用対効果が高いので、
一度検討されてはいかがでしょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事