和室の部屋のカーテンを選ぶポイント

vol36-1

 

生活様式が洋風化した現代でも、
そこは日本人として和室が無いと、
どこか寂しさを覚えてしまいます。

 

和室生活の経験が無い若い世代でも、
畳の部屋に郷愁を覚えるのは、
日本人のDNAだからでしょうか?

 

私たちはやっぱり、日本人ですよね。
海外に行っても味噌汁が恋しくなるし、
和風の温泉旅館も大好きですし。

 

そんな日本人の私たちが困るのは、
和室にカーテンをつけるのは、
変ではないかという疑問です。

 

カーテンは機能面ばかりで選ばないで、
部屋のデザインも考えてくださいね!
と前回お話ししたばかりです。

 

和室のカーテン選びは機能性に加えて、
デザインを意識すると成功します。

 

和室に似合うテイストの基本は、
ナチュラルデザインと素材感です。

 

vol36-2s

 

ベージュ・ブラウン、グリーンなど、
自然をイメージするカラーが基本です。

 

デザインは純和風のテイストものから、
和洋折衷モダンなものまであります。

 

それともう一つ使えるのが、
カーテンスタイルですね。

 

カーテンは横に開閉しますが、
上下に開閉するスタイルもあります。

 

それはシェードというスタイルで、
スッキリ納まるので違和感がありません。

 

vol36-3s

 

またプリーツスクリーンという製品も、
和紙タイプなら和室に馴染みます。

 

vol36-4s

 

和紙タイプ製品はこちら

 

どちらを使うかの判断については、
和室の用途によっても変わります。

 

例えば和室で来客が宿泊するとき、
夏は朝日で眩しく暑いことがあれば、
遮光生地のシェードがお勧めになります。

 

リビングの一角が和室になっていて、
独立した和室イメージを強くしたいなら、
プリーツスクリーンがお勧めです。

 

社宅や賃貸アパートの部屋が畳で、
カーテンレールがある場合、
この時は和室と深く考えないで、
好みのデザインでまとめましょう。

 

和室や縁側のカーテンについては、
状況によりお勧めが変わりますので、
お悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事