考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

日本人のインテリアに馴染む草木柄カーテン

600

 

 

カーテンデザインのカテゴリーで、
ナチュラルはその使いやすさから
とても人気です。

 

その中で、自然をイメージさせるのが
植物柄のデザインで、
木や草をモチーフにしたものです。

 

今日は、その草木柄のお話です。

 

木や草をモチーフにしたデザインは、
草木柄と呼ばれています。
同じ植物柄でも花柄とは一線を画します。

 

花がない分、華やかな色使いはせず、
緑、ベージュ、茶がメインカラーになり、
地味なイメージになりがちです。

 

それだけに、他のインテリアと馴染み、
違和感なく溶け込みやすいので、
安心して使えるデザインでもあります。

 

デザインカテゴリーはナチュラルで、
自然をモチーフにしているので、
風景を思いださせる柄もたくさんあります。

 

また、ベース地の凹凸感やざっくり感は、
素材感を表現することにより、
ナチュラルなイメージを演出しています。

 

木の幹や葉っぱに季節感を持たせるため、
色の表現が重要になります。
新緑の春、青緑の夏、紅葉の秋、枯葉で冬。

 

あえて、パープル、ピンク、イエローの
ポップなカラーで楽しさを演出、
カジュアル感を狙ったものもあります。

 

また自然をモチーフにしながら、
イラストタッチの植物デザインを、
原色使いで描いた北欧調も人気です。

 

最近は、大きな葉っぱを大胆に描き、
窓がキャンパスになることを狙った
個性的デザインも多くなっています。

 

草木柄のイメージは、広がっています。
馴染みの良さで人気があった時代は終わり、
より自由な表現で個性的なデザインが
増えているのです。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事