考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

昼間お部屋を真っ暗にする遮光カーテンとは?

600

 

 

先日このような質問がありました。

 

仕事明けの昼間に寝たいのですが、
遮光カーテンなら光を完全に、
遮断できるのですか?

 

「完全に」という部分が難しいのですが、
その方法についてご紹介します。

 

お勤めが夜勤で昼間に熟睡したい人は、
窓の光漏れに困っています。

 

遮光カーテンで光漏れを完全に防ぐのは、
可能なのかというご質問です。

 

窓回りの対策の仕方よっては、
光漏れをなくすことは可能です。

 

遮光カーテンは、遮光率が3段階あります。
その中で、遮光率99.9%以上が1級です。
ただし、ただの1級では役不足です。

 

ただの1級は遮光率100%ではないので
生地からの光漏れがあります。

 

そこで登場するのが遮光率100%の完全遮光。
裏面に樹脂加工を施したカーテンです。
生地自体は光をまったく通さないのです。

 

「完全」を実現するには、
完全遮光使用が前提条件となります。
ただ、これでも克服する課題が残ります。

 

カーテンをレールに掛けると
カーテンが壁から離れた位置にあるので、
左右に隙間が発生します。

 

いくら生地が完全遮光でも、
この隙間を塞がない限り、
お部屋は真っ暗にはなりません。

 

その隙間を塞ぐ方法として有効なのが、
左右に折り返しを設けることです。

 

その折り返しはリターンと呼び、
カーテン上部の端の生地を、
12cmほど長く作ります。

 

そのリターン先端部分のフックを、
壁側のレールに掛けることにより、
左右の隙間を塞ぐことができます。

 

左右の光漏れはリターンを使いますが、
カーテンレール上部の光漏れもあります。

 

もしカーテンボックスタイプなら、
レール上部の光漏れはありません。

 

そうではなく壁正面付けのタイプは、
上部の隙間から大きく光が漏れます。

 

一般的に上部の光漏れは防げませんが、
クレールは上部の光漏れを防ぐために、
特別な商品を開発しました。

 

その名も、ボックス風カバーです。

 

カーテンと同じ完全遮光生地を使って、
カーテンレールをすっぽり覆ってしまう、
手作りのカバーになります。

 

カーテンレールを取り換えるなど、
大がかりな工事は必要なく、
賃貸の方でも安心して対策が可能です。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事