考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

カーテンの断熱性能を手軽にアップさせる方法

600

 

 

寝る前にしっかり暖房しているのに
私の寝室はとっても寒いんです・・・、
こんなお悩みをよくいただきます。

 

窓からの熱流出を防ぐ簡単な方法は、
カーテンの断熱性能を上げることです。

 

就寝前に暖房を入れておいても、
止めた途端に急激に部屋が寒くなる、
そんな寝室でお困りではありませんか?

 

お部屋の暖房熱はカーテンを通り抜け、
窓からどんどん逃げていますので、
この熱流出を防ぐことが重要です。

 

厚手のものや裏地付きに買い換える、
それが一番手っ取り早く確実な方法ですが、
まだ使えるカーテンを捨ててしまうのは、
とてももったいない話です。

 

カーテンの断熱性能を上げるポイントは、
空気層を多く持たせることです。

 

カーテン生地に使われている繊維が、
重なるように複雑に織られているほど、
繊維の間に空気層が生まれます。

 

別珍のように起毛している繊維でも、
繊維間の空気層が保温効果を生みます。

 

現在は薄手のカーテンを使っている方で、
空気層による断熱効果を生むためには、
後付けタイプの裏地カーテンを使います。

 

この後付けタイプの裏地カーテンは、
遮光タイプの生地を使うことが多く、
寝室に使うなら遮光と断熱機能の、
二つが同時に手に入る事になります。

 

リビングに使っているカーテンで、
遮光機能は不要というかそれは困る場合、
レースの断熱ライナーがお勧めです。

 

この商品は白いレース生地の裏面に、
薄いウレタン皮膜を貼り合わせたもので、
光を通すため部屋が暗くなりません。

 

ウレタン皮膜は断熱効果の他に、
遮音効果も期待できますので、
道路に面したお部屋などにお勧めです。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事