高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

遮光カーテンと遮光裏地の違いとは?

600

 

 

遮光カーテンを探していると、
遮光裏地というカーテンを、
ネットではよく見かけます。

 

普通のカーテンと裏地との違い、
どういうときに裏地を使うのか、
あなたはご存じですか?

 

入居前に選んだ寝室のカーテン、
実際に暮らしてみると朝日が眩しい!
夏は朝から暑くて寝苦しい!
そんな悩みが出てきます。

 

購入したばかりのカーテンなので、
買い換えるのはもったいないけど、
睡眠不足では困ります。

 

そのような時の解決方法として、
遮光裏地が大活躍するのです。

 

遮光性能を持つ薄手の生地になり、
メインのカーテンの裏面に使います。

 

この遮光裏地を選ぶ時のポイントは、
2つあります。

 

1.カラーコーディネート

カーテン本体のベースカラーと、
基本的に同色系の裏地を選びます。

 

遊び心であえて裏面の色を変える、
それも一つの楽しみ方です。

 

2.カーテン本体の色移り

裏地の片面は黒になっていることが多く、
この裏地を白いカーテンに採用すると、
グレー色のカーテンになりますので、
組み合わせに注意しましょう。

 

裏地の片面が淡いグレータイプを選び、
できる限り色移りの影響が少ないものを、
選ぶようにしてください。

 

この裏地を使ったカーテンでも、
手持ちのカーテンに追加できる、
後付けタイプのものがあります。

 

簡易遮光裏地カーテンとか、
後付け遮光カーテンと言った、
名称で販売されています。

 

メインカーテンのフックを利用して、
裏地をカーテンの裏につり下げます。

 

これで朝日による眩しさや暑さが、
手軽に遮断できますのでお試し下さい。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事