考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

リビングに厚地のカーテンは必要ですか?

600

 

 

リビングに付けるカーテンですが、
厚地を付けずにレースだけで過ごしたい。
これってありですか。

 

こんな疑問をお持ちの方がおられます。
今日はリビングのカーテンの必要性について
説明したいと思います。

 

カーテンは厚地とレースの二重吊り、
普通はセットで考えます。
しかし中には厚地って本当に必要かどうか
疑問に思う方もおられるようです。

 

厚地カーテンの必要性は
外からの目隠し保温と断熱日除け
もしこの機能がなくても良いなら、
厚地カーテンなしでも十分過ごせます。

 

しかしつきつめて考えてみると、
レースだけで本当に大丈夫でしょうか。

 

普通昼間はレースだけで過ごせますが、
レースだけの夜間はどうなるのでしょう。

 

夜間はお部屋の照明を点けるので、
お部屋が丸見えになってしまいます。
ミラーレースを使っていたとしても
同じことになります。

 

マンションの高層階にお住まいか
隣接した建物がない場合を除いて
他人に生活を覗かれる心配がでてきます。

 

プライバシーを気にして生活するなんて
耐えられないですよね。
そんな時は、夜間も透けにくいレースを
使っておくべきです。

 

今はウェーブロンという繊維を使った
遮像レースがありますのでおすすめです。

 

プライバシーの問題をクリアしたとしても
部屋の中の暑さ寒さ対策が心配です。

 

特に冬、お住まいの気候によって違いますが、
レースは冷気をまったく遮断しないので、
まともにお部屋に流れ込んできます。

 

暖房をがんがんつけるから大丈夫と、
割り切って考えられるなら良いのですが、
窓際の寒さは心配です。

 

夏も同じように熱が入り放題になるので、
冷房をつければ大丈夫と
割り切れるかどうか。

 

心配な時は、冬は保温レース
夏は遮熱レースがありますので、
一度検討されるのも良いかと思います。

 

実際細かい事を気にせず、
レースのみで快適に生活されている方が
おられます。

 

はたからみると大丈夫かなと思っても
その人にとっては何でもないことって
たくさんありますよね。

 

最終的にはご自身でお決めください。

 

幸いレールがダブルで付いている場合は、
後から厚地カーテンを付けられますので、
レースだけの生活から始めるのも良いです。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事