考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

リビングのカーテンスタイルにこだわる

600

 

 

リビングの窓は形が様々。
タイプが違う窓に付けるカーテンに
迷うことは良くあること。

 

そんな時のカーテンスタイルについて
説明したいと思います。

 

住宅で最も広いスペースなのがリビング。
家族がゆったりした時間を過ごす
快適空間です。

 

普通リビングには大きな窓はつきもの
お部屋いっぱいに日の光を取り入れるため
掃きだし窓を中心に設計されているはず。

 

しかし、全てが掃きだし窓とは限りません。
やっかいな西日を避けて腰高窓にしたり、
ダイニングに小窓を設置することもあります。

 

一つの空間に違うタイプの窓には、
スタイルも変えたほうが良いのでは、
と考えるのは自然なことです。

 

大きな掃きだし窓はカーテンにしても
腰高窓はブラインドにした方が良いのでは、
と思う方もおられるようです。

 

確かに上下に開閉するブラインドは、
すっきりして、納まりがよく、
羽の開閉で風通しの調整もできます。

 

しかし、素材感の違うスタイルが
同じ部屋で合うかは大いに疑問ですし、
羽に溜まる埃をとるのも面倒です。

 

日頃のメンテナンスが楽簡単に洗える事
スタイル決めでは、重視した方が良いはず。

 

カーテンのような織物生地を使った
ロールスクリーンもありますが、
スタイルとしては味気ない気がします。

 

そこで登場するのが、今人気のシェード
生地が畳み上がりながら、
上下に開閉するスタイルです。

 

畳み上がるシルエットで
プレーンやシャープ等に分かれますが
見た目シンプルで独特の畳みが個性的、
モダンな空間によく合います。

 

これなら、カーテンと同じ生地で製作でき
色や素材感を合わせることができます

 

シェードは本来小さい窓に合うので、
腰高窓や小窓に設置するには
最適なスタイルと言えます。

 

厚地とレースのダブルシェードもあるので、
昼間レースだけで過ごしたり、
小窓ならレースだけという選択も可能です。

 

開閉時に希望の位置で止めることができ、
外からの視線や、風の通りの調整も
十分可能です。

 

またお部屋をシンプルモダンにしたい時、
全ての窓をシェードにするのも
よく見かけます。

 

それほど人気のシェードスタイルを
検討してみてはいかがでしょうか。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事