考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

畳の部屋の和室にカーテンを使う時の考え方

600

 

 

賃貸アパートやマンションでは、
畳の部屋なのに窓にはカーテンレール、
そのような環境は珍しくありません。

カーテンは洋室で使うものという、
固定観念があるからです。

 

そのお部屋はどうしたら違和感なく、
カーテンで過ごせるかをお話しします。

 

和室にカーテンは合わないというイメージは
根強いものがあるようです。

 

マンションのリビング一角にある、
和室コーナーは障子の場合もあります。

 

障子は畳の部屋とマッチしていますが、
寝室として使う場合問題があります。

 

朝早く日が昇り明るさで目が覚めるとか、
冬は部屋が寒いという問題です。

 

アパートやマンションの畳の部屋は、
和室という本来の使い方では無く、
毎日寝起きに使う生活の場所です。

 

畳の部屋=和室=カーテンおかしい?
という考え方は無視してください。

 

畳が気になればカーペットやラグなど、
敷物を敷いて隠してしまいましょう。

 

壁は家具を置いたり絵を飾ったりして、
洋風イメージに変えることもできます。

 

床と壁を洋風に模様替えできれば、
窓のカーテンも違和感ありません

 

一人暮らしの女性なら防犯を考えて、
部屋の中が透けて見えないレースや、
遮光カーテンを使いましょう。

 

新しい生活が始まる部屋ですから、
畳にカーテンという違和感は捨てて、
生活に必要なカーテンは何か、
しっかり考えて購入してください。

 

何を選んだらよいかわからなければ、
いつでも遠慮無くご相談くださいね。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事