考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

ペアガラスに遮熱カーテンは不要ですか?

600

 

 

窓ガラスにペアガラスを採用している、
住宅やマンションが多くなりました。

 

遮音性能や断熱性能を持つペアガラス、
夏は遮熱効果もあるのでしょうか?

 

ペアガラスはもともと寒冷地の断熱効果、
室内の暖気が窓ガラスから逃げないよう、
ガラスを2重にして空気層を作ったものです。

 

ペアガラスは冬の断熱効果は高くても、
夏の日射しを遮る効果はありません。

 

よってペアガラスなのに部屋が暑くて、
エアコンが効かないとお悩みでしたら、
遮熱レースとの併用をお勧めします。

 

ただしLow-Eガラスは特別なもので、
ガラスの片面に特殊な金属を被膜して、
夏の日射しを和らげる効果を持ちます。

 

Low-Eガラスも冬の高断熱タイプと、
夏の遮熱タイプがあるそうなので、
どちらのタイプか確認しましょう。

 

遮熱タイプのLow-Eガラスでも、
実際にはそれだけで十分な遮熱効果を
得られるわけではないようです。

 

実際にLow-Eガラスのお宅でも、
遮熱レースの相談が絶えません。

 

それだけ夏の西日は強烈な熱線であり、
遮熱レースを併用していただくことで、
エアコンの効きも断然違うというわけです。

 

よくペアガラスに遮熱レースを使うと、
ガラスが割れませんかと聞かれます。

 

ペアガラスに直接遮熱フィルムを貼ると、
中の空気が膨張してガラスが割れます。

 

しかし遮熱カーテンとガラスには距離があり、
カーテンの反射熱で空気が膨張するほど、
ガラスが高温になることはありません。

 

これから建築計画を立てる方で西日対策なら、
遮熱タイプのLow-Eガラスに加えて、
遮熱レースの併用もご検討ください。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事