高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

カーテンにレッドを使うコーディネート

 

600

 

 

色の好みは人それぞれなので、
赤いカーテンを否定はしません。

 

ただ色が人に与える心理的効果は、
精神面や健康面に影響があります。

 

特に赤ちゃんがおられるご家庭では、
色からの情報が生涯の性格形成に、
大きな影響を与えていますので、
色の選択には細心の注意が必要です。

 

赤い色が持つ心理効果は活力を感じ、
気持ちを前向きにします。

 

アドレナリンを分泌し興奮を促すので、
一時的に気分が落ち込んでいる時には、
赤い洋服や小物を身につけると、
ポジティブ思考になります。

 

このように色の中でもレッドは強烈で、
視界に飛び込んで目を引き印象に残ります。

 

モダンなインテリアに使われますので、
リビングに使いたいと憧れることでしょう。

 

この元気が出るポジティブな赤い色も、
使いすぎると色々問題が起きてきます。

 

洋服や小物で赤が好きな方の性格は、
次のような傾向があるようです。

 

目立ちたがり、飽き性、まわりを疲れさせる、
慎重さに欠ける、怒りっぽい、ケンカっ早い、
手のひらを返す、せっかち、感情で動く、
派手好き、持続性が欠ける・・・

 

風水の見地から言えば赤は陽の気が強く、
火の性質は方角の相性もあります。

 

例えば南のリビングに赤をふんだんに使うと、
南は太陽が降り注ぐ火の性質を持つので、
火の氣が過剰で落ち着かない部屋になります。

 

このようにパワーの強い赤を使う時は、
部屋の配置や使う目的などを考慮して、
他のエレメントとの配色バランスを考え、
アクセントとして使うのがベターです。

 

冒頭で赤ちゃんのお話をしましたが、
まだ小さいからと安心してはいけません。

 

目から入った赤の情報は脳に伝わり、
無意識の領域で影響を与えています。

 

「三つ子の魂百まで」と言われるように、
赤ちゃんの健やかな住環境にも意識を向けて、
色の選択は慎重に行ってください。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事