考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

フラットカーテンに最適なカーテンレールとは?

600

 

 

人気のカーテンスタイルの一つに、
フラットスタイルがあります。

 

そのフラットカーテンの施工例に、
装飾レールを使ったものが多く、
普及タイプの金属レールでは、
使えないのでしょうか?

 

カーテンレールには金属機能性レールと、
木やメタルの装飾性レールがあります。

 

よく使われるのが金属機能性レールになり、
一戸建てのリビングや寝室などで、
おしゃれ感覚で使うのが装飾レールです。

 

フラットカーテンが似合うカーテンは、
基本的に大柄でモダンなデザインの、
おしゃれなタイプが多いです。

 

そのフラットカーテンに機能重視の、
低価格な金属レールは野暮ったく、
見た目で価値が下がることもあります。

 

もう一つ装飾レールにメリットがあり、
カーテンを寄せて束ねた時の見た目と、
収まりが良い点です。

 

カーテンフックがAタイプになるので、
寄せて束ねた時カーテンが山折り谷折りと、
整然とたたむことができます。

 

レールの個性とカーテンの個性が、
それぞれが絶妙に溶け合って、
美しい窓辺を演出します。

 

金属製レールでは釣り合いが取れず、
レールを隠すBタイプにしてしまうと、
カーテンを寄せた時の上部の見栄えが、
何とも貧弱に見えてしまうのです。

 

カーテン予算を抑えるためとか、
ヒラヒラしたのは好みでない方など、
見た目にこだわりが無ければ、
機能性レールで問題ありません。

 

マンションでの装飾レール設置は、
機種を選ばないと取り付けできないので、
十分に注意して計画しましょう。

 

装飾レールは窓上20cmほど上に、
ブラケット金具を設置しますが、
マンションの場合木下地がなく、
脱落の危険性があるので注意しましょう。

 

金属製レールの取付位置に設置可能な、
装飾レールもいくつかありますので、
そういったものに交換してみましょう

 

どの機種を選んだらよいかお迷いの時は、
直接お問い合わせください。

 

現状をヒアリングさせていただいた上で、
最適な機種を紹介させていただきます。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事