考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

インテリアでできる夏の日射し対策

600

 

 

春の訪れと共に部屋の温度は急上昇し、
夏に向けて暑さとの戦いになります。

 

特に太陽熱による日射しの影響は、
朝日や西日が入る部屋の窓を中心に、
何らかの対策が必要になります。

 

窓から容赦なく入る太陽熱によって、
床面や壁そして家具などが高熱になり、
その輻射熱によって室温が上がります。

 

室温の上昇を抑える一番の方法は、
太陽熱の室内侵入を遮断することです。

 

窓に雨戸やシャッターがあれば、
閉めるだけで効果はあります。

 

ただこの方法は部屋が真っ暗で、
生活上不便なので使えません。

 

窓からの光はを取り入れながら、
太陽熱だけ部屋に入れない、
どうしたらよいでしょう?

 

昔から各家庭で実践されてきたのは、
朝顔を育てて日除けを作る方法。

 

緑のカーテンとして学校などの施設で、
盛んに活用されています。

 

見た目も涼しくてエコな方法ですが、
成育に失敗したり時間がかかったり、
枯れてしまうと処分が大変です。

 

現代では人工の緑のカーテンもあり、
毎年使えてお手軽なのでお勧めです。
http://www.curtainshop.co.jp/green-curtain

 

部屋が暗くなるのでそれは困る方には、
遮熱サンシェードが良いでしょう。
http://www.curtainshop.co.jp/Masa/sunshade.html#r4d7843b

 

よしずやスダレを使うよりも明るく、
しかも遮熱機能を持っているので、
室内に熱風が入ることもありません。

 

庭やベランダで使う前提の商品ですが、
室外で対策するのが一番効果的なので、
可能であれば最優先でお勧めします。

 

マンションなど庭やベランダが無い場合、
室内で対策を取るしかありません。

 

一番手軽なのはレースカーテンであり、
遮熱機能が付いたものを使います。

 

遮光カーテンを使う方がいますが、
太陽光線は遮断できても、
カーテンが暑くなってしまうため、
室内の温度は輻射熱で上昇します。

 

カーテンを選ぶ時のポイントは、
太陽熱でカーテンが暑くならない
ここが一番大事なところです。

 

ステンレスコーティング生地は、
その点優れているので大人気です。
http://www.curtainshop.co.jp/IP0038/

 

部屋の環境に合わせてどれが最適か、
一番効果のあるものを選びましょう。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事