高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

夏のカーテンは機能と涼感がポイント

600

 

 

5月にもなると日射しが強くなって、
窓辺のカーテンも暑苦しく感じます。

 

洋服にも衣替えがあるように、
カーテンも模様替えしませんか?

 

日射しが強くなってくるこの季節は、
窓辺の対策が必要になってきます。

 

窓辺の日除けは天然の芦を使った、
スダレやよしずが古くから定番です。

 

現代では緑のカーテンを育てる日除けも、
エコロジーな方法として人気です。

 

基本的に日除けは外で行うほうが
室内に熱気を持ち込むことなく、
部屋を涼しく保つことができます。

 

外で日除けを行うことで日陰ができ、
室内はほどよく薄暗くなって、
木陰のような空間になります。

 

実はこの目から入ってくる情報も、
涼を感じる大切なポイントです。

 

例えば赤い部屋と青い部屋では、
青い部屋が涼しく感じます。

 

では明るい部屋と薄暗い部屋では、
どちらが涼しいと感じるでしょうか。

 

どちらかと言えば、薄暗い部屋ですね。

 

一年中薄暗い部屋では困りますが、
涼を求めたい季節や時間帯だけ、
木陰の演出ができるいいですね。

 

エアコンが無い時代の先人たちは、
こうして涼感を作り出していました。

 

しかし庭やベランダがない部屋の窓は、
部屋の中で日除け対策が必要です。

 

手軽な室内での日除け対策として、
遮熱機能を持つカーテンが開発され、
様々なタイプが登場しています。

 

サラクールや涼しやのブランド品は、
白いレースカーテンになります。

 

そして根強いファンを持つステンレスの、
masa加工は薄グレー色のレースです。

 

目で涼感を感じるのはもちろん、
白ではなくグレーのレースです。

 

部屋が暗くなるのは困りますが、
夏の期間限定で使いますので、
涼を求めるなら断然グレー色です。

 

夏のカーテン選びでお迷いでしたら、
考えるカーテンにご相談下さい。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事