考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

小窓用のカーテンにはチョイ置きタイプが便利

600

 

 

新築の注文住宅や建売住宅では、
小窓や細長い窓を採用する事例が、
このところ増えています。

 

北側の部屋など自然光を取り込んだり、
風通しを良くするためだそうです。

 

快適な暮らしのための小窓ですが、
その一方でカーテンをどうするか、
皆さん困っているようです。

 

大きな窓は玄関など居室用途ではないため、
防犯上の理由で設置する人はすくなかった。

 

ところが人の出入りが不可能な小窓は、
明かり取りや通風に便利と大流行です。

 

窓が小さいからカーテン不要かと言えば、
実際に住んでみるとそうではありません。

 

夏は朝早くから目が覚めたり暑かったり、
冬は暖房しても部屋が暖まらない

 

紫外線だって入り放題で、焼けが心配。

 

高窓ながらお向かいのマンションから、
リビングが丸見えと気がついたり。

 

やっぱりカーテン付けないと不便!
と考えても何を付けたら良いのか。

 

最近は細長いスリット窓用に、
ブラインドやスクリーンなど、
昇降メカものが開発されました。

 

おしゃれで確かにスッキリしますが、
窓数が多いので結構予算が必要です。

 

明かり取りと目隠しが目的なので、
上げ下げする機能は不要です。

 

何か良い方法はないかと思い浮かぶのが、
突っ張り棒を使ったカフェカーテン

 

市販カフェカーテンは丈が決まっていて、
我が家の小窓にサイズが合いません。

 

そのような変形小窓の救世主が、
考えるカーテンオリジナルの、
チョイ置きカーテンです。

 

生地はお好みで1万点から選び放題、
機能も必要であれば追加でき、
窓の横も高さもピッタリサイズ、
突っ張り棒を使ったお手軽カーテンです。

 

小窓用カーテンをお探しでしたら、
考えるカーテンオリジナル製品、
チョイ置きカーテンをご検討下さい。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事