高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

今のカーテンで涼しく夏を乗り越える方法

600

 

 

秋から冬にかけて転居され方の多くは、
夏の暑さを考えずカーテンを選びます。

 

特にレースカーテンはデザインや
薄手のものを中心に選びますので、
夏の季節は暑さで苦労するのです。

 

引越したばかりでカーテンを買い換える、
予算的にも厳しいしエコではありません。

 

せっかく気に入ったカーテンなのに、
機能優先で野暮ったいカーテンは、
お部屋のインテリアに似合いません。

 

でも夏になれば部屋が暑くなるし、
エアコンもなかなか冷えません。

 

できれば今のカーテンを使いながら、
遮熱できる方法はないでしょうか?

 

もちろん方法は、いくらでもあります。

 

お部屋の環境に合わせて検討し、
ベストなものを選べば良いのです。

 

例えばベランダやお庭がある部屋ならば、
外によしずや緑のカーテンを準備したり、
遮熱のサンシェードを使います。

 

外で遮熱するのが、一番効果的です。

 

部屋に熱を持ち込まないので、
いつものレースで涼しく過ごせます。

 

窓ガラスに直接遮熱シートを貼るのも、
今のカーテンを生かす方法です。

 

ただし鉄線入りやペアガラスには、
シートを貼ることができません。

 

小窓なら突っ張り棒で窓の中に、
遮熱レースを追加しても良いでしょう。

 

その時は、チョイ置きスタイルがお勧めです。

 

さらにこちらは新製品になりますが、
透明感のある遮熱レースカーテンを、
今のカーテンの裏面に装着する方法です。

 

簡易遮熱裏地レース
http://www.curtainshop.co.jp/322

 

大きなサイズのカーテンにも対応でき、
部屋を暗くすることなく風通しもあり、
ベランダへの出入りも支障がありません。

 

お気に入りのレースを変えることなく、
日射しをしっかり遮熱して過ごす、
今年の注目商品になりそうです。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事