考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

遊び盛りの子供たちを考えたカーテン選びとは?

600

 

 

カーテン選びは大変な作業である反面、
家族団らん楽しい一時でもあります。

 

新居での幸せな暮らしを想像して、
この部屋にはこんなカーテンと、
どんどん夢が膨らみます。

 

ただ気がかりなのは子供がいるので、
汚したり壊したりしないかという、
余計な心配も捨てきれません。

 

本日は小さなお子様がいるご家庭の、
カーテン選びについて紹介します。

 

新居が完成して嬉しいのは大人も、
子供たちも皆同じです。

 

子供たちは新居をくまなく探検したり、
兄弟で隠れん坊をして遊びます。

 

その隠れん坊で誰もが遊んだ場所と言えば、
カーテンではないでしょうか?

 

カーテンは絶好の隠れ場所になるので、
汚れた手で触りはしないかとか、
ぶら下がったりしないだろうかと、
いつも気を配る必要があります。

 

実際にカーテンを納品して数時間後、
カーテンレールが落ちてきたと、
奥様から電話がありました。

 

しっかり固定したはずなのにと伺えば、
木製レールにひび割れがあるのです。

 

通常ではあり得ない原因をを伝えたところ、
子供が隠れん坊して遊んでいたとのこと。

 

当時のフックは鋼鉄製でしたので、
カーテンにぶら下がっても、
フックは外れなかったようです。

 

カーテンレールが壁から落下して、
子供たちがケガをしなくてよかったです。

 

それから見た目綺麗に見えるカーテンも、
月日が経てばホコリをいっぱい吸っています。

 

カーテンで遊ぶとホコリも舞い上がり、
喘息の子供には発作の原因にもなります。

 

昇降タイプのシェードやスクリーンも、
子供たちの安全に注意が必要です。

 

こちらは和室のプリーツスクリーンですが、
プリーツが珍しいのか子供が手で触り、
このような無残な姿になりました。

IMG_1859-600

子供たちは目に付くものすべて、
遊びの道具に変えてしまう達人です。

 

万が一目を離した隙に遊んでも、
不慮の事故が起きないよう、
対策を取るのが大人の責任です。

 

カーテン選びには子供の安全も配慮して、
スタイルや設置方法を決めましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事