考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

室内のホコリと上手につきあえるカーテン

600

 

 

アレルギーをお持ちの方の悩みは、
カーテンはホコリっぽいので、
使いたくないと言われます。

 

しかも周囲からの視線は防ぎ、
安心して暮らせる商品は、
何があるのでしょう?

 

現代病として急速に表面化したのが、
喘息などのアレルギー症状です。

 

このアレルギー症状が顕著になったのは、
住居の床がフローリングに変わった頃、
そのように言われています。

 

昔洋室と言えばカーペットが主流で、
団地の洋室には必ず採用されていました。

 

ところがカーペットはダニの温床という、
風評被害でフローリングに変わりました

 

その頃から喘息やアトピーといった、
アレルギーの発症で悩む方が増えたのです。

 

カーペットやカーテンからホコリが出る、
そのように考えられて敬遠されましたが、
実際にはホコリは至る所で発生します。

 

フローリングに変わってもホコリは存在し、
部屋の隅や家具の後ろに溜まっていきます。

 

そして人が歩く度、室内に風が入る度、
そのホコリは空気中に舞い上がり、
人は空気と一緒に吸い込みます。

 

それまでカーペットがホコリを吸い、
風による空中飛散を防いでいたのに、
環境が変わってしまったのです。

 

生活にはホコリはつきものですから、
毎日の掃除が欠かせません。

 

室内の空気をクリーンに保つことが、
喘息などアレルギー発症を抑えるなら、
ぜひカーテンやカーペットを使って、
ホコリと上手につきあいましょう

 

レースのカーテンには吸着タイプの、
花粉キャッチレースがあります。

 

昼間の時間帯は機能性タイプを使い、
室内をクリーンに保ちましょう。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事