考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

室内の残響・反響音をインテリアで解決する方法

600

 

 

アパートを借りて住み始めると、
自分の声やテレビの音が反響して、
とても気になることがあります。

 

ノイローゼになりそうな深刻な問題は、
インテリアで解決できるのでしょうか?

 

一人暮らしをされるワンルームでは、
このような音響による問題が起きます。

 

部屋が狭いので壁と壁の距離が近く、
テレビや電話の音がやまびこのように、
跳ね返ってしまう現象です。

 

窓にはカーテンを使いますので、
できるだけ凹凸感のある生地を選び、
ビロードのように起毛していると、
吸音効果も期待できます

 

壁には家具をいくつか置いて、
家具の出っ張りや高さも変えて、
音の跳ね返り乱反射させます。

 

ただ一人暮らしの方は家具が少なく、
壁面むき出しが多いと思います。

 

壁面の乱反射や吸音には布がよく、
可能であればタペストリーなど、
壁面を布で覆うことができれば、
見た目もアート感覚で実用的です。

 

次に大切なのがフローリングの床面で、
こちらも硬い素材でできていますので、
音が反響しやすい原因になります。

 

床面にはカーペットを敷き詰め、
テーブル下にはラグを敷いて、
アクセントをつけましょう。

 

このように反響対策を行うには、
どうしても費用がかかります

 

昔の和室は壁が塗り壁で床は畳で、
表面の細かな凹凸が反響を防ぎました。

 

洋風建築の材質になった現代では、
少なからず発生しますので、
部屋を借りるときチェックしましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事