高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

男女共用の子供部屋カーテンを選ぶ時のポイント

600

 

 

男の子と女の子が使う子供部屋は、
将来仕切りを使って分割できるよう、
10畳ほどの広さがあります。

 

この部屋に使うカーテンを選ぶ時、
男女で色柄を分けるべきなのか、
それともまとめた方がよいものか、
迷うところであります。

 

男女の子供部屋で窓が二つあると、
カーテンの柄選びに困りますね。

 

とくに窓が二つ並んでいるケースでは、
男物女物と区別できるカーテンは、
一つの部屋でおかしいと感じます。

 

かといってどちらとも言えない、
アイボリーやクリームなどでは、
病院みたいで個性や魅力なく、
寂しい部屋になってしまいます。

 

そのような時にお勧めしているのは、
柄は同じで配色を変えたパターンを持つ、
元気がもらえる子供柄があります。

 

ベースはアイボリーやクリームで、
アクセントデザインに寒色使いと、
暖色使いの2~3配色を用意した、
男女共用子供部屋向けがあります。

 

こうしたデザインカーテンの中から、
子供が好きそうな柄で選んでいただくと、
例え窓が二つ並んでいても違和感なく、
ほほえましい子供部屋が完成します。

 

選ぶカーテンのグレードについては、
将来子供が大きくなって間仕切るのは、
何年先かを予想しましょう。

 

小学校高学年から中学生になるまで、
この先何年カーテンを使う予定になるか
考えておくと決めやすいです。

 

5~6年ぐらいなら既製品で十分、
まだ赤ちゃんで10年以上使うなら、
既製品にして2回買い換えるか、
10年見据えてオーダーされるかです。

 

買い換えるタイミングで子供も成長し、
好みがハッキリしてくる事も考えて、
購入計画を立てておきましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事