考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

玄関引き戸にカーテンで採光と断熱する方法

600

 

 

冬は北の玄関から冷気が入ってきたり、
部屋の暖房熱が逃げて寒いものです。

 

明かり取りを兼ねた玄関引き戸なら、
採光と断熱できる商品が必要です。

 

その両方を解決できるお勧めの商品は、
半透明レースの間仕切りカーテンです。

 

住む前から玄関の防寒対策を考える人は、
設計士でもまずいないと思います。

 

玄関は居室ではありませんから、
居心地の良さは不要だからです。

 

ではなぜ玄関の防寒対策が必要か?
それはトイレがある廊下が夜になると、
非常に冷えて寒い思いをするのです。

 

冬になると寒いのでトイレも近く、
夜中に起きて部屋から出た途端、
ヒヤッとします。

 

特にお年寄りにはこの寒暖の差が、
心筋梗塞や脳卒中を引き起こし、
健康に大きな害を及ぼします

 

ご両親とお住まいのご家庭でしたら、
一度玄関の防寒対策を考えましょう。

 

玄関のガラスの引き戸や鉄のドアは、
吹きさらしの外気に当たって、
相当冷たくなっています。

 

冷たいドアが室温を下げる原因なので、
断熱材で玄関を覆うのが効果的です。

 

遮光カーテンでは採光が必要な玄関では、
昼間から暗くなり使えません。

 

普通のレースは穴が一杯で断熱効果に劣り、
採光できてもあまり意味がありません。

 

そこでお勧めしているのが半透明タイプの、
断熱レースカーテンです。

 

一般的なレースカーテン生地の裏側に、
極薄のウレタンフィルムを貼り合わせ、
空気の透過を無くしたものです。

 

玄関にカーテンレール設置できれば、
この生地でカーテンを作りましょう。

 

賃貸であれば突っ張り棒を使った、
間仕切りタイプの制作も可能です。

 

突っ張りタイプなら冬だけ取り付けて、
オフシーズンは片付けておけるので、
とても便利と好評です。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事