考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

何を基準に選ぶ?逆引きカーテンのススメ

600

 

 

これだけカーテン情報があふれると、
何がいいんだかほんとにもぉ、
わからなくなりますよね。

 

こういうカーテンだけは選ぶな!そんな、
情報があれば聞きたくないですか?

 

どこの売り場も機能性カーテンであふれ、
あれもこれも高機能でお買い得!
目移りしてしまいます

 

カーテン購入の経験が浅い方ほど、
ワケもわからず目にするものを選び、
必要が無い機能で不満が出てきます

 

今の時代のカーテン選びは買い手が、
ある程度知識を持っていないと、
不適切なものを選ぶ可能性があります。

 

そこで次の2点は特に注意して、
カーテンを選ぶようにして下さい。

 

1.ミラーレースカーテン

 

部屋の中が外から見えない機能を持ち、
密集地など都会では必需品と言える、
今ではレースの定番になりました。

 

プライバシーは必要がない環境、
例えばマンション高層階の方や、
近隣の建物が離れている方は、
ミラー機能は必要ありません

 

一般のレースに比べて生地が厚く、
部屋が暗くなるものもあれば、
裏面の光沢感が嫌いな方もいます。

 

プライバシー確保が不要なら、
美しいウェーブを楽しめる素材や、
透け感を楽しむデザインレースなど、
選択肢はたくさんあります

 

周囲の環境を事前に調べておいて、
目隠しが必要な部屋だけにするとか、
使い分けるようにしましょう。

 

2.遮光カーテン

 

夜用のカーテンとして定番なのが、
遮光カーテンになります。

 

遮光とは外からの光を遮る機能を持ち
売り場でも大人気の商品です。

 

遮光機能が必要な部屋と言えば、
寝室などの朝日対策でした。

 

その他女性の一人暮らしの部屋、
夜勤明けの睡眠が必要な方、
赤ちゃんのお昼寝の部屋など。

 

このような目的がないお部屋なら、
遮光機能を選ぶ必要はありません。

 

この他にも様々な機能を持つカーテンが、
市場にはたくさん溢れています。

 

カーテン選びには機能表示に注目して、
デメリットにならないか判断し、
購入するようにしましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事