考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

由緒ある風格を感じる和室カーテンの選び方

600

 

 

洋風建築が主流になった現代でも、
和室や広縁は戸建てなら必ずあります。

 

和風様式の窓にカーテンは変じゃない?
と違和感を感じる方も多いようです。

 

大丈夫!それがしっくり馴染む、
和室カーテンの選び方を紹介します。

 

昔ながらの和風建築スタイルでは、
広縁があって奥に畳の和室があります

 

郊外のお屋敷では広縁も大きく、
L字型に続いていたりします。

 

その目的は部屋の中心奥深くまで、
陽光を取り込むためです。

 

洋室の窓は太陽光は眩しかったり、
暑かったりで遮断しようとします。

 

和室はいかに光を部屋の奥まで運ぶか
そこを強く意識してカーテンを考えます。

 

そこで部屋の奥まで光を届ける役割は、
レースでありその素材選びも重要です。

 

カーテンが無い時代の人の知恵は、
広縁と和室との間に障子を使ったことです。

 

広縁からの陽光は仕切りの障子に当たり、
光が拡散して部屋を明るくしました。

 

広縁のカーテンも和紙の障子のように、
光を拡散してくれる密度が高いもの、
そういった視点で選びましょう。

 

繊維密度が高い生地の候補としては、
ミラーレースや遮像レースです。

 

ただここで気をつけたいのは、
広縁の向こうにある庭園の眺めです。

 

雪見障子というタイプがあるように、
座って生活する目線の高さから、
庭の様子が見えるとベストですね。

 

繊維密度が高く向こうが見える生地なら、
わがままプライバシーがお勧めです。
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/wagamamaprivacy

 

そしてカーテンのスタイルは上下昇降の、
プレーンシェードが理想になります。

 

生地は光を受けるとほどよく拡散し、
部屋の奥まで陽光を届けます。

 

そしてシェードを途中まで降ろせば、
光を取り入れながら庭も鑑賞できます。

 

和風建築にカーテンの組合せも、
このようにしっかり計画を立てれば、
親和性の高いアイテムになります。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事