高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

勉強ってこんなに楽しい!無意識を活用した環境とは?

600

 

 

受験シーズンに入ると子供はもちろん、
親の方も神経を尖らせてしまいます。

 

そんな時リラックスして勉強に集中できる、
部屋の環境を見直してあげましょう。

 

勉強がはかどる部屋の環境づくりは、
いわゆる無意識を集中できる点に、
成功のポイントがあります。

 

勉強しなさい!ってやかましく言っても、
本人がその気モードにならないと、
集中力も長くは続きません。

 

その気の「氣」とは無意識の領域です。

 

この無意識に飛び込んでくる情報が、
勉強に集中できる精神状態を作ったり、
気が散って集中できない状態も作ります。

 

その情報は目に入るインテリア情報、
耳に入ってくる周辺からの騒音、
鼻につく部屋の匂いになります。

 

その五感から入ってくる情報が、
無意識に不快と感じているなら、
それは集中の妨げになります。

 

机の周りが本などで散らかっていたり、
ベッドには布団やパジャマが雑然とし、
足の踏み場もないような部屋では、
集中しろというのが無理な話。

 

基本的に勉強部屋は整理整頓を励行して、
掃除をこまめに清潔さを保ちましょう

 

そういった気を散らす原因を解消したら、
次は集中できる環境を作ります

 

勉強机は壁に付けるのではなく、
座ったとき背中を壁にします

 

後ろ盾と言う言葉があるように、
背中に壁があると人は安心できます

 

どうしても窓に向けて机を置くなら、
窓にはカーテンを閉めておきましょう。

 

目の前に外の景色があれば、
どうしても気が散って集中できません。

 

そして勉強部屋は明るい照明をつけて
意識をはっきりさせておきます。

 

部屋を暗くして机のスタンドだけは、
目を疲れさせて集中力が続きません。

 

アロマも無意識の活用に効果的で、
レモンやペパーミントなど香らせて
リラックスした状態で集中できる、
勉強部屋を作ってあげましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事