高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

レースとは思えないぐらい暖かい蓄熱保温カーテン

600

 

 

ユニクロのヒートテックがブレイクして、
今では冬の肌着の定番となりました、
保温機能のハイテク繊維があります。

 

カーテンにもハイテク繊維が採用され、
部屋の防寒対策にとても役立つ、
保温レースを紹介しましょう。

 

ハイテク繊維は服飾に採用されて、
様々な分野の衣料がどんどん進化して、
私たちの暮らしはとても豊かになりました。

 

フリース素材の衣料が出た当時は、
とても高価でしたが軽くて暖かく、
釣りが趣味の私はすぐ購入しました。

 

その後ユニクロで安価なフリースが登場、
今や老若男女誰も持っているほど、
生活に浸透しました。

 

そしてカラダの水分を吸収して発熱する、
ヒートテックが2003年に発売されて、
今では冬の肌着として定着しました。

 

水分を吸収して発熱するカイロも、
肌に触れるから身体が温まります。

 

この原理はさすがにカーテンに応用、
それは難しい話になります。

 

部屋の空気を温めるにはストーブなど、
火力のエネルギーが必要なので、
カーテンを発熱させるのは無理

 

晴れた日は窓辺に陽だまりができて、
部屋の空気を温めてくれます。

 

その日射しをレースが遮ってしまうと、
ポカポカエネルギーが減少します。

 

そこで考えられたのが窓辺の日射しを、
遠赤外線に変換して室内に放出する、
ナノレッドハイテク繊維採用して、
蓄熱保温レースが生まれました。
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/hoon

 

晴れの日は確かに役立ちますが、
曇りや雨の日あるいは雪国など、
太陽光が無いとダメかというと、
そうでもありません

 

このハイテク繊維は室内の熱を、
反射して窓から熱流出を防ぎます

 

暖房しても部屋が寒い原因は、
窓から約58%のエネルギーが、
逃げているからなのです。

 

冬には冬の役立つレースを使って、
省エネ効果で暖かく過ごしましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事