考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

何を基準に選びますか?リビングのプライバシーカーテン

600

 

 

リビングのカーテンは遮光が必要ですか?
と若い女性からのご質問です。

 

寝室に遮光カーテンは使いますが、
リビングに必要と考えられた、
その理由とは何でしょう?

 

この奥様の心配はカーテンを通して、
部屋の様子が見えてしまうのでは?
というものでした。

 

それが心配で遮光カーテンなら安心?
と考えたそうです。

 

今はどのカーテン売り場に行っても、
遮光カーテが花形商品として、
目立つように展示されています。

 

カーテン購入経験が少ない方なら、
遮光機能の意味さえよくわからずに、
好みだけで購入しているでしょう。

 

生活に困るほどの不便はないですが、
必要がない機能のために余計な出費、
そして限られたデザインからの選択、
このようなデメリットがあります。

 

家族が集い友人を招くリビングは、
もっと夢が膨らむカーテンを、
豊富な種類の中から選びましょう。

 

奥様も好みのデザインが見つからず、
何か解決策をプロに求めたところ、
奥にもう一枚遮光カーテンを足して、
二重にしたら提案を受けたそうです。

 

レースも掛けたら合計三重になり、
昼間カーテンを寄せて束ねたときに、
どれほど窓辺がもたつくかと、
考えただけでも恐ろしくなりました

 

よほど薄手の白い生地でなければ、
夜部屋の中が透けて様子が見える、
なんてことはあり得ません。

 

もちろん窓辺に立てば人影が映り、
様子がわかることはあるでしょうが、
リビングでの寛ぐ様子は見えません。

 

どうしても心配でしたら好みの生地に、
裏地を付ける方法もあります。

 

裏地を付けるメリットは遮光性以外に、
カーテンに重みがついて存在感が増し、
美しいウェーブでリビングに映えます。

 

生地が二重になり断熱効果も生まれ、
冷暖房効果も期待できます。

 

カーテンに厚みを付けたくなければ、
ブラインドを併用する手もあります。

 

窓枠内部天井面に設置で場所を取らず、
完璧にプライバシーを守れます

 

リビングのプライバシーが心配なとき、
ぜひ参考にしてご活用下さい。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事