高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

後悔しない!カーテンとシェードの併用設置の仕方

600

 

 

賃貸のお部屋に住む方にとって、
カーテンスタイルの選択肢に、
大きな自由度はありません。

 

例えばシェードやブラインド、
ロールスクリーンなどメカ物は、
使えるのでしょうか?

 

結論から先に言ってしまえば、
カーテンレールが金属性の、
楕円のC型や四角の箱型ならば、
賃貸の方でも問題なく使えます

 

窓のカーテンレールを利用して、
その下にメカ物を取り付け可能です。

 

レールの左右のキャップを外して、
中のランナーを全部取り出して
底面の突起物を無くします。

 

カーテンボックスに天井付けの場合、
長さが横幅ピッタリのレールですと、
一旦天井から取り外してください。

 

それはキャップのねじを緩めても、
横にスライドするスペースが無いため、
ランナーを取り除けないからです。

 

賃貸ですので退去するときには、
取り外したキャップやランナーを、
原状に戻す必要があります。

 

外した部品は無くさないように、
大事に保管しておきましょう。

 

そしてレールに取り付けるなら、
窓側の奥のレールが理想です。

 

天井付けタイプは問題ありませんが、
壁に正面付けのダブルレールは、
手前のレールより奥のレールの方が、
重量的に負担が軽く安全です。

 

毎日昇降するタイプのメカ物は、
カーテンに比べて重量があり、
さらに下へ引っ張る動作があるため、
レールへの負荷も増大します。

 

その結果レールが曲がって変形したり、
ブラケットのねじが緩んでぐらついたり、
何かしらトラブルが生じるでしょう。

 

せめてカーテンレールに負担が少ない、
奥のレールに設置を推奨します。

 

レースはカーテンスタイルにするなら、
手前のレールに掛けて使いましょう。

 

このように配慮するだけで賃貸でも、
安心安全にメカ物を使えますので、
ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事